サービス介護士とは

介護の資格には様々な資格があります。

介護福祉士は国家資格ですが、民間資格では非常に多くの資格があります。

その中でも近年注目されているのはサービス介助士と呼ばれる資格です。

サービス介助士とはどのような仕事を行うのでしょうか??

意外とサービス介助士は様々な場所で活躍をしている

サービス介助士は非常に幅広い場面で活躍をされています。

特に人が大勢集まるところでは重宝されており
障害者や高齢者に対しておもてなしの心を発揮しています。

例えば空港などでもサービス介助士は活躍をしています。

空港には様々な方がやってこられますし、その中には体が不自由な方もやってきます。

スポンサーリンク

体が不自由なので自分できちんと目的地まで行けない
手続きが難しくなってしまって介助の手が必要です。

ある程度知識が無い方が介助をすると、その方をケガさせてしまったり
事故に合してしまったりする可能性がありますので
知識を持ったサービス介助士が活躍するのです。

本職に合して取得している方が多い

サービス介助士を取得している方は
サービス介助士だけが仕事になっていることは少ないです。

例えば空港であれば受け付け兼サービス介助士

電車などでは車掌兼サービス介助士

といったように兼任してサービス介助士として働いている場合が多いのです。

そのため、現在の仕事に+αで資格の取得をされる方が大半であるといえます。

サービス介助士は、今後はさらにニーズが高まる可能性大!!

サービス介助士は主に障害者や高齢者を対象としています。

特に高齢者の分野では非常に数が多くなりますので
そういった部分でニーズは非常に高まるといえます。

特に将来的に接客業を考えている方や、
現在接客業をしている方は是非取得することをお勧めします。

スポンサーリンク