レクリエーション介護士とは

レクリーション介護士は認定資格であり
高齢者に対してレクリエーションを実施することを目的とした資格です。

レクリエーションは一見誰にでも出来そうなものですが
高齢者向けに楽しく効果的なレクリエーションを
実施するのは非常に難しいのです。

そういったレクリエーションを専門的に実施するのがレクリエーション介護士です。

レクリエーション介護士で学べること

レクリエーション介護士は主に3のことを学ぶことができます。

一つは高齢者とのコミュニケーション能力を鍛えることができます。
レクリエーションを実施するためには小売者との関わりは非常に大切なことであり、コミュニケーションが成立していない場合は楽しいレクリエーションを実施することはできません。

スポンサーリンク

もう一つは高齢者が楽しめるレクリエーションを学ぶことができます。
一時的に楽しめるものはもちろんですが、場合によっては継続して楽しんでもらうことも大切ですし、趣味や特技などを活かしたレクリエーションつくりも大切になってきます。

最期はそのアイディアなどを文字とする、企画書の作り方について学ぶことができます。
レクリエーションを実施するには、まず企画書が必要になります。最適な企画書作りは社会人としても大切なことですので、しっかりと技術として身に付けることができます。

介護士として働いている方にはお勧めの資格

レクリエーションというのはなかなか専門的に学ぶ機会がないと言われています。

その理由としては一見誰にでもできるからです。

しっかりと専門的に学ぶことによって自分の介護力が向上するだけではなく
介護士としての質も向上しますので是非取得をお勧めします。

スポンサーリンク