介護ヘルパー 初任者研修 試験内容

初任者研修は介護ヘルパーの基礎的な資格となりますが、
資格取得には研修と卒業試験を合格する必要があります。

試験内容としては難しいものなのでしょうか?

研修をしっかりとこなしていれば合格できるレベル

初任者研修の合格は、授業さえしっかりと聞いていれば十分に合格できるレベルですので、難易度としては非常に簡単なものになります。

その証拠に初任者研修の卒業試験の合格率はほぼ100%であり、
ほぼ全員の方が1回で合格をします。

不合格になった場合でも再試験がある

もし不合格になってもそれで終了ということはなく、
再試験を行うことがほとんどです。

スポンサーリンク

各学校によって再試験の取り扱いが違います。

ある学校では再試験を受講するためには、数千円の手数料を支払う必要がある。

ある学校では再試験を受講を踏まえて、事前にお金を授業料に含ませている

などそれぞれ違いますので、事前に再試験について確認をしておきましょう。

合格をするポイント

合格をするポイントについてご紹介していきます。

合格をするためには、まず授業をしっかりと聞くことです。

これが非常に大切になります。

講師側としては、自分が教えている部分の理解力を高めるために、
要点を教えることが大半であり、試験に落とそうと考える講師はいません。

もちろん授業をしっかりと聞くことと、事前に勉強をしていくことは大切ですが
ほとんどの場合は授業さえしっかりと聞いていれば合格をすることができます。
初任者研修は受講することがまず資格取得の条件となり
合格試験はどちらかというと確認作業のようなものですので
ほぼ全員が合格して、初任者研修を名乗れるように配慮されています。

スポンサーリンク