介護ヘルパー 就業時間

介護ヘルパーの就業時間はどれぐらいなのでしょうか?

介護業界は女性も多い職場ですので、就業時間は気になるところだと思われます。

場所によって違いはある

就業時間は場所によって違いがあります。

特に介護施設などでは夜勤などがありますので、
就業時間としてはシフトで動いていることがほとんどです。

就業時間として一定なのは訪問介護、デイサービスなど
夜勤が無い仕事がほとんどであり、
施設であれば夜勤や早出遅出などで変則的なシフトになっています。

デイサービスや訪問介護の就業時間

ほとんどのデイサービスや訪問介護は9時頃から18時頃の勤務になります。
時々シフト制で動いていることがありますが、
ほぼ全て18時から19時までには終業しています。

スポンサーリンク

また、最近ではデイサービスでも宿泊サービスを行っているところや、
訪問介護でも夜間対応型にしているところがありますので注意しておきましょう。

施設の就業時間の詳細

施設では様々な形態で働いています。

ここでは2交代シフト、3交代シフトを例にとってみてみましょう。

2交代制は一日を日中と夜に分けたものであり、
3交代は昼間、夕方~夜、深夜に分けたシフトです。

2交代の場合は早出、日勤、遅出が6時~19時までの間で働きます。

夜勤の時間が長く16時頃から9時頃まで働かないといけません。

1夜勤で18時間勤務がほとんどであり2日分働いた計算になりますので、
夜勤明けの次の日が公休になります。

3交代勤務の場合は6時から22時ぐらいまでをシフト制で働きます。

遅出が22時頃まで勤務があるというのが特徴的です。

しかし、夜勤の時間が2交代制に比べても短く、
22時から7時というところが多いのです。

また、夜勤明けは公休扱いになることが特徴的です。

スポンサーリンク