介護ヘルパー 年収

介護ヘルパーは他の業界に比べて仕事の割りに給料が低いと言われていますが、
実際のところどれぐらいの給与をもらっているのでしょうか。

また、給与に対しての仕事は割に合っているのでしょうか。

介護ヘルパーの年収は250万円から350万円

介護ヘルパーはその働く場所や取得している資格によって年収が変化してきます。
働く場所というのは、夜勤があるかないかということです。

夜勤がある場合は夜勤手当が支給されますので、その分だけ給与が高くになります。

しかし、夜勤が無い訪問介護、デイサービスの場合は夜勤手当がありませんので、
その分給与が低くなる傾向にあります。

夜勤は1回安い所で4000円前後、高いところで7000円前後ですので、
月に5回ぐらいすると30,000円前後になります。

スポンサーリンク

介護福祉士が最も高い給与

介護は資格を取得して働いている方が非常に多い職種です。
最近では無資格で働いている方は少なくなりました。

介護ヘルパーの資格としては初任者研修や実務者研修などがありますが、
その中でも最も高いのが国家資格でもある介護福祉士です。

介護福祉士であれば年収は平均300万円前後であり、
これは介護業界の中でも高い数字になります。

仕事量の割りに高い給与なのか

介護士の仕事は非常に過酷だといわれています。

体力的にももちろんですが、精神的に追い込まれることも少なくありません。

特に夜勤帯などは職員の人数も少なく、
対応できないこともありそれが事故につながることがあるので、
精神的に追いつめられてしまいます。

介護ヘルパーの年収は徐々に上がっていっていると言われていますが、
国がある程度補助している部分もありますので、
それがなくなってしまった場合は、年収はほぼ横ばいだと言われています。

勤務年数にもよって違いますので、
出来るだけ同じ職場で働く方が平均的な年収は高いと言われています。

スポンサーリンク