介護ヘルパー 資格 取得 方法

介護ヘルパーの資格として代表的なものとしては、

介護の基礎を学ぶ介護職員初任者研修

介護の応用を学ぶ実務者研修

国家資格である介護福祉士があります。

それぞれ取得方法が違いますので、詳細についてご紹介していきます。

介護職員初任者研修の取得方法

この資格を取得する為には、学校に通って研修を受ける必要があります。

通い方としてはいくつかパターンがあります。

まずは通常の学校のように通学で取得する方法です。
この方法が最短で取得できますが、
学校に通わないといけませんので働きながら取得しようと思いますと、
かなりの労力を必要とします。
また、夜間校もあります。

スポンサーリンク

もう一つの取得方法としては通信教育です。
通信で学べるのである程度時間が限られている方でも取得をすることができます。
しかし、通信教育でも全く学校に行かない訳ではなく、
数日間スクーリングを受ける必要があります。

以前までは学校によって定員オーバーが多く、
なかなか受講することが難しかったのですが、最近では落ち着いており
受講も簡単にできるようになりました。

実務者研修の取得方法

実務者研修の取得は初任者研修と同様で取得するには
学校に通うか、通信教育で取得をしないといけません。

後述で説明をしますが、実務者研修は現在受講生が非常に増えてきていますので、
場所によっては定員オーバーになっているところもありますので注意しましょう。

介護福祉士の取得方法

介護福祉士は以前までは経験年数3年で国家試験に受かるか、
指定の学校に通って卒業をしたら取得ができていましたが、
現在は若干システムが変化してきています。

経験年数は3年以上+実務者研修の修了+国家資格の合格が必要になります。

また、指定の学校に通っても国家試験を受けないといけなくなりました。

スポンサーリンク