介護士 結婚

介護士女性が多い職場ですので、働いていると結婚をすることがあります。

通常の職種であれば結婚をしたら、仕事が続けていくのが難しく退職をする場合もありますが、介護士は実際のところどうなのでしょうか?

介護士は比較的続けやすい

介護士は結婚をしても比較的就職が行いやすい職種だといわれています。
そのため、結婚をしてもそのまま引き続き仕事をしている方も非常に多くいます。

その理由としては、女性が非常に多い職場だということです。

介護の80%以上は女性が従事しており、
施設側からしてみても女性の人材は非常に貴重であるといえます。

スポンサーリンク

また、結婚をしたら働きにくい職場になってしまいますと、
それだけ退職をしてしまうことがありますので、
退職を防止するために結婚後もそのまま働くことを勧めている職場もあるほどです。

女性が元々多く、人材不足で悩んでいる施設が多いのが介護士は
結婚後も続けていける理由になってきます。

また男性介護士の場合は、結婚後は特に影響なく続けていけることが多いようです。

退職をする前に考えたいこと

結婚をしても続けていきやすい介護士ですが、
中には結婚をしたら退職を考える人、退職を勧められるような職場もあります。

その理由としては結婚後は夜勤をしにくいというものがあります。

夜勤をしてしまいますと家事などが満足にできずに退職を考える人も多いのです。

しかし、夜勤が出来ないという理由で退職を考えている場合は、
夜勤が無い位置に異動できるのか施設に検討してもらうようにしましょう。

施設によっては夜勤が出来る介護士も大切ですが、
日勤を専従で働ける職員も貴重と考える傾向にありますので、
一度相談をしてみることも大切になります。

スポンサーリンク