介護士 給料 手取り

介護士の求人は多く出ていますので、給与を想像するのは簡単かと思いますが
実際のところはどうなんでしょう??
ブラック企業、ブラックバイトなどという言葉もありますが
介護士の残業代などはしっかりと与えられているのでしょうか??

施設職員は平均手取り180,000円~200,000円

ここでは施設職員と在宅職員について区別していきます。

施設職員の場合は、基本給:17万円 夜勤手当:3万円 合計20万円
そこから社会保険料などが引かれて18万円~20万円になるといわれています。

しかし、これは処遇改善加算を含んでいません。

処遇改善加算を取っているところであれば
平均的な給料は月に1万円前後はアップします。
処遇改善加算を算定しているのかは、しっかりと把握しておきましょう。

スポンサーリンク

在宅介護の平均手取り150,000円~180,000万円

在宅介護になりますと夜勤勤務が発生しないので手当がありません。
平均的な給与としては手取りで15万円~18万円になります。

特に低いとされているのはデイサービスの介護職員であり、
デイサービスの介護職員は15万円を下回ることがあります。

同じ在宅サービスでも訪問介護のサービス提供責任者になりますと
場所によっては20万円を手取りでもらえる場合があります。

在宅サービスは働く業種によって違います。

ほとんどのところで残業代は発生しない

もちろん残業代が発生するところもありますが、
介護の場合はほとんど発生することはありませんので注意しましょう。

介護の世界はまだまだ奉仕の色合いが強い世界ですので、
奉仕の流れから残業をしても申請をしない、もしくは
申請が非常にしにくい環境であるということがあります。

また、介護は基本的には定時で終われるところが多い反面
人不足になっているところであれば
慢性的に残業をしなくてはいけないところもあります。

施設によって非常に違いますので注意しましょう。

スポンサーリンク