介護士 資格取得 費用

介護士の資格は主に以下3種類があります。

介護福祉士

介護職員初任者研修

介護実務者研修

それぞれの資格取得方法と費用についてご紹介していきます。

介護福祉士の取得方法と費用について

介護福祉士の取得方法はここ最近変わりました。
介護福祉士の受験を受けるには実務者研修が必須になっています。
これはどのルートでも必須であり、学校で単位を取得して受験をする場合
実務経験を積んで取得する場合も実務者研修が必須になります。

実務者研修は10万円前後で取得ができるといわれていますので
介護福祉士の受験料金と10万円が必要になります。

スポンサーリンク

学校で単位を取得する場合は、2年間で200万円前後の学費が必要であり
卒業と同時に実務者研修を取得することができます。
これは学校によっても違いますので調べておきましょう。

実務者研修の取得方法と費用について

実務者研修は介護職員初任者研修よりも上級であり、
介護福祉士の下に位置付けられている資格です。

取得は10万円、期間としては2か月~4か月前後の期間が取得までに必要です。
学校に通う必要がありますが、通信教育や夜間だけ、休日だけもありますので
働きながら取得することができます。

介護職員初任者研修に比べると、応用的な知識や技術を身につけることができます。

卒業試験はありますが、ほとんどの受講生が合格します。

介護職員初任者研修について

介護職員初任者研修は介護職の基礎的な資格になります。
基礎的な資格ですので、他の2つの資格に比べると取得は行いやすく
費用的にも時間的にも短く安く済みます。

費用は安いところで3万円、期間は早ければ1か月ほどで取得することができます。

卒業試験はありますが、ほとんどの受講生が合格します。

スポンサーリンク