介護士 資格

介護士とは障害や加齢による身体、精神の障害によって介護を必要な方に対して、
介護を提供する人のことを指します。

介護士と呼ばれるためにはどのような資格があるのでしょうか?

介護を専門とする資格

介護を専門とする資格を取得していると介護士と呼ばれることができます。

介護を専門としているのは
国家資格である介護福祉士、
その他の資格である介護職員初任者研修、介護実務者研修があります。

ホームヘルパー2級などは現在廃止されています。

こういった資格は介護を目的としている資格ですので、
取得をすることによって介護士とよばれることができます。

スポンサーリンク

その他の資格について

介護の資格は様々な資格があり、介護を専門としていない資格でも介護士と呼ばれることもあります。いわゆる広義の介護士ということです。

特に民間資格である介護士系の資格は介護士と呼ばれることがあります。

例えば視覚障碍者の移動を支援するガイドヘルパーや、
介護予防運動指導員などは介護が必要な方の運動を支援しますので、
介護士と呼ばれることもあります。

資格ではなく、どんな仕事をしているのか

介護士と呼ばれる方には無資格の人もいます。

それは介護の仕事をしているというだけで介護士と呼ばれることがあるからです。

近年では無資格の方は介護施設などへの就職は難しくなってきた。
といわれていますが、まだまだ無資格で働いている方が多いのが現状です。

その為、介護施設で介護士として働いているだけで正式な介護士と認識されることがあります。
ちなみに訪問介護の介護士は、基本的に有資格者で構成されています。

その理由としては初任者研修以上の資格がないと、
介護給付費が降りてこない理由があるからです。

スポンサーリンク