児童福祉司とは

児童福祉司は児童の福祉を生業とするものですが
具体的にどのような仕事内容であり
児童福祉司になるにはどんなルートを通るのでしょうか??

児童福祉司は児童相談所で働く職員の名称

本来児童福祉司とは児童相談所で働く職員になります。

児童相談所で働く職員は児童福祉士を取得しておかなければいけないので注意が必要です。

また、児童福祉士は社会福祉主事と似ている部分がありますが
社会福祉主事よりも専門性が高いと言われています。

児童相談所以外でも児童福祉司は、一定の知識を有しているとされていますので
児童がいる保育所や託児所などで働いている場合もあります。

スポンサーリンク

学校で取得をすることができる

児童福祉士は大学等で指定の単位を取得することによって取得することができます。
また、厚生労働省が指定する講習会などに参加することでも取得ができます。

比較的取得をしやすい資格ですが、難しいのは児童相談所で働くということです。

児童相談所は公的な施設に区分され、扱い的には公務員になります。
よって公務員試験を受ける必要があります。

児童福祉司として働きたいのであれば、まずは児童相談所に就職することが必要になります。

また、社会福祉士主事を取得したのちに、2年以上児童福祉に携わっていた場合でも
児童福祉司として名乗れますし、社会福祉士や精神保健福祉士も児童福祉士と名乗れることができます。

児童相談所以外でも活躍をしている

保育所や託児所などでも児童福祉司は活躍しているとご紹介しましたが
実際のところ児童相談所で働く児童福祉司よりも
そういった民間の場所で働く児童福祉司の方が多いと言われています。

やはり児童相談所に就職すること自体が難しくなってきていますので
民間の児童福祉司が増えています。

スポンサーリンク