無資格 介護士 勤務

介護士として従事している人は非常に多く、
まだまだ介護の数が足りない状況であるといわれています。

介護士になるにはどのようなものが必要になるのでしょうか?

資格がなくても介護士として働けるけどやっぱり必要

介護士になるには必ず資格は必要ではありません。

場所によっては資格がなくても働ける場合があります。
しかし、実質的には資格があった方が介護士として仕事に就ける場合が多く、
無資格者は応募の時点で断っているという施設も多いです。

介護士として初めて働く場合におすすめの資格というと
介護職員初任者研修という資格があります。

この資格は介護の基礎となる資格であり、受講期間も短く、
費用も安く済みますので、おすすめの資格です。

スポンサーリンク

他の資格になりますと、介護士になるのは難しかったり、
費用や期間がかかったりしますので、まずは初任者研修の取得をおすすめします。

就職をすること

介護士になるには介護士として就職をしておく必要があります。
介護士として就職するには求人を見て、応募をして、面接を受ける必要があります。

それによって就職ができます。

求人があるのか?と疑問を感じている方は安心してください。

介護の求人は求人の中でも最も多いジャンルであり、
求人誌では介護の専用ページを設けているほどです。

また、面接などで心配を持っている場合は、きちんと受け答えができれば問題ないでしょう。併せて人当りの良い雰囲気が出ていれば基準としては十分です。

もちろん年齢や経験なども考慮されますが、
介護職は他の職種に比べても人材不足で悩んでいることが多いですので、
比較的就職しやすい業界です。

介護の世界は何よりも心構えが必要

介護の世界は退職者が非常に多い業界ですので、
就職前にはある程度の心構えをしておくようにしましょう。

人に尽くす。奉仕する。という気構えがないと、
すぐに退職をしてしまうことがありますので注意が必要です。

スポンサーリンク