精神保健福祉士とは

精神保健福祉士とは社会福祉士から派生したものであり
精神疾患を持っている方を対象に支援を行う国家資格です。

日本ではまだまだ数が少なく、認知されていない資格ですが
今後は伸びるといわれている資格であり若い世代を中心に注目されています。

では精神保健福祉士はどのような仕事をしているのでしょうか??

精神病院で働く精神保健福祉士が最も多い

精神病院を就職先としている精神保健福祉士が最も多く、
精神疾患を持っている患者を対象としています。

仕事内容としては、精神疾患を持っている方が社会復帰できるように
支援を行うということであり、自身の援助技術を駆使して、不安を軽減させたり
緩和させたり、解決をさせたりをします。

スポンサーリンク

また、他の専門職を協力をして支援をしていきますし、
他の社会的な資源に繋げることもあります。

非常にやりがいを感じる仕事

精神保健福祉士は人を支援する仕事です。

社会福祉士であれば高齢者を対象としている方が非常に多いのですが、
精神保健福祉士の場合はその年齢層は格段と若くなり、30代、40代、50代の方を
対象としている場合が多いです。

そのため、社会復帰をしてもらいその方がきちんと定職に就き、
自分で生活を維持し自立するまでの過程を見ているとやりがいを感じます。

取得には国家試験に合格する必要がある

精神保健福祉士を取得する為には、まず受験資格を取得する必要があります。
その手段は2つ

1つ目は、学校に通って所定の単位を取る方法

2つ目は、社会福祉士を取得して短期の養成講座に通う方法

精神保健福祉士の国家試験合格率は平均して40%~50%
国家資格の中では比較的、取得しやすいハードルが低めの資格といえます。

スポンサーリンク