2級ヘルパーとは

2級ヘルパーは現在は廃止されており、代わりに介護職員初任者研修というものができました。
2級ヘルパーとはいったいどういったものだったのでしょうか?

訪問介護を行う為に出来た資格

ヘルパー2級は介護保険が出来た際に出来た資格です。
その目的としては、訪問介護員の質の向上というものが目的でした。

介護は資格が無くてもできる仕事ですが、訪問介護員に関してはヘルパー3級以上が必須であり
多くの方が訪問介護を行う為に、ヘルパー2級を取得していました。

ここでヘルパー3級よりもヘルパー2級を大半の方が取得した理由としては、
資格取得に関する料金や時間がほとんど変わらないわりに、
ヘルパー3級では身体介護に入れない(厳密にいうと報酬が下がる)ということがありましたので、ほとんどの方がヘルパー2級を取得したといわれています。

スポンサーリンク

登録ヘルパーをするために取得した方が非常に多い

ヘルパー2級を取得した理由としては、訪問介護員、特に登録ヘルパーになりたいために取得した方が大半です。
登録ヘルパーは主婦の方や、子育てをしている方でも働けると当時、主婦の方の取得が非常に多かったと言われています。

現在ではその流れは落ち着いて生きていますが、当時は非常に多くの方が資格取得を目指して
学校も定員オーバーも多々あったそうです。

なぜ2級ヘルパーは廃止されたのか

廃止された理由としては、勉強数の時間が短かったということが挙げられます。

ヘルパー2級では実習と講習があり、講習の数が少なかったと言われています。

対して初任者研修に関しては
実習が無い代わりに講習の数が非常に多く、知識を詰め込むことができます。

これは介護が徐々に学問として認知されてきた証拠だと言われています。

スポンサーリンク