2級ヘルパー 業務内容

2級ヘルパーは現在廃止されている資格ですが
どのようなことを業務内容としていたのでしょうか??

ここでは具体的にご紹介していきます。

訪問介護事業所での業務内容例

ヘルパー2級の方が働いている中心的な介護サービス事業所は、
訪問介護事業所です。

ここではどのような仕事をしていたのでしょうか。

訪問介護事業所では、大きく2種類の仕事内容があります。

一つは生活援助。
調理や掃除、洗濯などの日常生活の生活に対する支援を行います。

もう一つは身体介護。
自宅に伺い、高齢者のおむつ交換、入浴介助、起床介助などを中心に行います。

スポンサーリンク

訪問介護事業所によっては、生活援助が半分以上を占めているところもあり
それぞれの事業所によって割合は大きく違うと言われています。

介護施設での業務内容例

介護施設でもヘルパー2級は働いています。

よくヘルパー2級は訪問介護をする為の資格では??
と思っている方も多いと思いますが、
一定の介護知識を持っている基準にもヘルパー2級はなりますので、
介護施設でも多くのヘルパー2級の方が働いています。

仕事内容としては、身体介護が中心であり介護施設に入所されている方は
介護度が重い場合がほとんどですので、重度の方を中心に身体介護をしています。

その他の事業所でもやっていることは基本的に同じ

その他にはデイサービスや身体障碍者施設などがありますが
やっている仕事内容としてはほとんど同じです。

おむつ交換、入浴介助、食事介護、レクリエーションを中心に業務を任されます。

ヘルパー2級は介護を生業とする仕事ですので
どこにいってもやっていることは基本的に同じようなことが多いです。

スポンサーリンク