2級ヘルパー 資格 取得

2級ヘルパーは現在廃止されています。

その代わりに介護職員初任者研修という資格があります。

介護職員初任者研修を取得する為には、どのような方法があるのでしょうか??

資格取得には学校に通うことが必須

介護職員初任者研修を取得する為には、まず学校に通って
講座を受けなければなりません。
通学する。という事は必須ですので、注意しておきましょう。

しかし、学校に通うという場合は様々な方法から選択することができます。

例えば、通信教育があります。
これは介護職員初任者研修の中でも最も人気のものであり、
普段は通信教育を受けて置き、数日間だけ学校に通ってスクーリング(授業)を受けることで取得ができます。これは、働きながらでも取得することができますので、サラリーマンの方や主婦の方には人気の口座になっています。

デメリットとしては期間が長いということです。

スポンサーリンク

働きながら短期間で取得したい場合は、土日コースや夜間コースがあります。

これは比較的短期間で取得ができますし、働きながらでも十分通えるものになりますので、学校が近い方にはお勧めです。

最短で何日あれば介護職員初任者研修を取得できるか

多くの学校では最短コースは通いになります。

最短で2週間~3週間で取得できると言われています。
しかし、この場合は週に何日も学校に通う必要がありますので、
働きながらはスケジュール的に難しいです。

介護職員初任者研修に筆記、実技試験はあるのか

一般的に資格。と言うと試験があるイメージがあると思います。

介護職員初任者研修にも試験はありますが、その合格率はほぼ100%と言われています。

その理由として
試験は学校がある程度設定可能である。

学校側としては取得できない方を出したくない。

よって可能な限り合格できるように試験を進めていく傾向にあります。

もし万が一にでも、試験に落ちたとしても再試験を受けれることがほとんどであり、
結局取得が出来なかったということはよほどでない限りありません。

最近では介護職員初任者研修を受講する方も少なくなってきましたので
学校側も取得できるように配慮している傾向にあります。

スポンサーリンク